自治体ごとにあるハチ退治の補助金制度!気になる内容と対象者

補助金を受ければOK!蜂の巣駆除のお得情報

近年、都市部でも多くの人が被害に遭っているのが、スズメバチ。都市に順応したスズメバチは、家の軒先や倉庫、ガレージなどに蜂の巣を作り、そこへ近づいた人を無差別に攻撃します。 もしも、自宅周辺に蜂の巣ができたなら、安全に駆除してくれる専門家に任せるのが理想的です。しかし、業者や役所に頼むとなると、問題なのが掛かるお金。危険なスズメバチの蜂の巣駆除には多くの手間が掛かるため、料金も決して安くはなく、依頼した場合家計への負担が心配になります。 そこで利用することができる制度が自治体によるハチ駆除の補助金制度。制度の利用で負担額を大きく減らせるので、気兼ねなく蜂の巣駆除の依頼をすることができます。

自治体によって変わる補助金制度

補助金制度 は、日本国内にあるどこの自治体でも対応しているわけではありません。お住いの市町村によっては対応していないケースもあるので、事前確認が必要でしょう。ここで、ハチ駆除で補助金制度を導入している市町村の一例と内容を紹介します。

ハチ駆除の補助金制度を導入している自治体(一例)

CASE1:茨城県水戸市
【補助対象】・水戸市内に土地や建物を所有・管理している人・自身が所有・管理している土地や建物で蜂の巣を作られた人・駆除業者に駆除依頼を行なった人・駆除したハチは「スズメバチ」であること(ミツバチ、アシナガバチなどは対象外)。【補助金内容】・駆除業者に支払った費用の2分の1を補助。・上限は10,000円までで、100円以下の端数は切り捨てる。
CASE2:奈良県天理市
【補助対象】・天理市内の土地、建物の所有者や使用者、管理者。・所有・管理する土地や建物にスズメバチ・ミツバチの蜂の巣ができた人。・登録駆除業者に依頼する人。・駆除対象となるハチは「スズメバチ」「ミツバチ」。【補助金内容】・補助金は、駆除に掛かった経費の2分の1。・駆除をするために、建物の一部を損壊させた施工の費用は除く。・限度額は9,000円で、百円未満の端数は切り捨て。

補助金制度申請の流れ(一例)

市町村の指定を受けている業者へ依頼する

駆除作業完了後、料金の支払い(※この時点では全額自己負担)

業者より「スズメバチ等駆除補助金交付申請書兼請求書」受取り

領収書、施工前後の写真、申請書を市区町村へ提出

補助金が口座に入金される

補助金を受けて蜂退治のプロに依頼するポイント 

ありがたい補助金制度を利用してハチ駆除を依頼するなら、蜂退治のプロに任せるのが一番でしょう。役所とは違い、24時間365日対応してくれるので、必要な時にお願いできます。ただ、スムーズにハチ駆除をお願いするなら要点をおさえることが肝心です。補助金を受ける際に関わってくるポイントもあるので、確認しておきましょう。

ハチの種類を事前に確認

蜂の巣駆除を業者に依頼する場合、事前に ハチの種類 を伝えるとよいでしょう。ハチの種類によって駆除の難易度が変わり、難易度に比例して費用も高くなります。駆除前に電話で詳細を伝えれば、駆除にどれだけの費用が掛かるかすぐに見積もりを出してくれるでしょう。ハチの種類がわからない場合は、ハチや蜂の巣の特徴を伝えるとよいでしょう。大まかな特徴を伝えることで、どんなハチかを特定してくれます。

現地調査を依頼しておけば安心

現地調査を行なうことで、蜂の巣の具体的な駆除プランを決めることができます。依頼主にどのような方法で駆除を行なうかを伝え、さらに駆除に掛かる正確な費用の算出も行なってくれるのです。 自分でハチや蜂の巣の様子を伝えられないという人でも、現地調査を依頼すれば問題なく駆除を依頼できます。現地調査は多くの場合無料で依頼でき、見積もり後に料金が加算されることもないので、安心して頼めます。

Back To Top